Pet’s best
nursing care

Routinely monitor pet’s blood pressure

製品情報

臨床知識

1. なぜペットは血圧を測定する必要がありますか?
  • ペットの血圧を知っていますか?
    我々が知っていた通り、血圧は生体の循環系の原動力である。 実際にはペットも人間に似ており、異常に高いまたは低い血圧は健康上の問題を表している可能性があります。

    ペットが老化するにつれて、高血圧やその他の合併症を起こしやすくなります。
    したがって、定期的な血圧のスクリーニング検査は、ペットにとって最良の予防医療です。

  • なぜペットの血圧が重要なのですか?
    高血圧または低血圧による疾患の早期発見と予防。
    持続的な高血圧または低血圧によって引き起こされる合併症も避けられます。
    獣医に、関連する治療の有効性を評価し易くなる為
2. 犬と猫の高血圧と低血圧の一般的な症状
  • 高血圧の臨床症状
    目:眼球出血、網膜剥離または萎縮、網膜浮腫、網膜血管炎、突然の失明
    神経/脳:脳血管出血、脳浮腫、錯乱、癲癇
    腎臓:腎臓スフェロイドおよび間質性尿細管虚血、壊死、萎縮およびタンパク尿への悪化。 尿毒症の発生率を高め、慢性腎臓病の死亡率を高める
    心臓:収縮期心雑音、ギャロッピングリズム、左心室肥大
  • 低血圧症の臨床症状
    ショック/失神
    心筋梗塞
    急性心臓タンポナーデ
    瞳孔散大
    尿中の血液
  • 高血圧の潜在的な危機-猫
    猫は病気に対する耐性が高いため、高血圧の発見は容易ではありません。 そのため、猫の血液が目や網膜に流れて失明を引き起こした後に初めて、猫は高血圧症になっていたことがよくあります。
3. 高血圧リスクの格付け
収縮期拡張期リスク評価
<150mmHg<95最小限
150-159mmHg95-99低い
160-179mmHg100-119適度
>180mmHg>120重大
4. pettrust NIBP の臨床使用タイミング

<手術中>
人間の手術であれ動物の手術であれ、麻酔中のモニタリングは最も一般的で、重要な一環です。例えば、腎不全、肝不全、行動/感覚の変化、両眼の失明などなど、麻酔ミスにより多くの合併症の実例があります。



ペットが手術中に麻酔で死亡する確率は1/1000であり、これは人間の1:250000よりもはるかに高いと推定されています。



麻酔中によく起きる問題は低血圧です。
その原因は、過度の麻酔、過度の末梢血管拡張、心拍出量の減少、および低血液量の問題を表している可能性があります。そして、平均動脈圧(MAP)は、各心周期における動脈血圧の平均値を表し、周期間の血液の平均圧力です。

 

理想的で且つ、良好な組織灌流を提供するには、平均動脈圧(MAP)が70 mm Hgより大きく、収縮期動脈圧(SYS)が100 mm Hgより大きくなければなりません。



<健康診断>
人間とは異なり、犬や猫の高血圧は、心血管疾患、慢性腎臓病、内分泌疾患などの特定の疾患に続発することがよくあります。



犬や猫の高血圧症は、目や神経の症状を引き起こす可能性があります。例えば、突然の不可視性、前房出血、癲癇、意識喪失などなど。また、血圧が低いと、ペットが衰弱し、無気力になります。



予防は治療に勝る。ペットの血圧を早期に発見することは間違いなく役立ちます。

 

<治療評価>
ペットに高血圧症になった場合、獣医は通常降圧薬を使用して血圧を下げます。降圧薬の効き目として、異なるペットの間ではかなりの違いがあります。例えば、猫の品種によっても、血圧が安定するまでに時間がかかる場合があります。

 

したがって、治療効果を確認するために、血圧を集中的に測定する必要があります。血圧を頻繁かつ正確に測定できれば、失明や腎臓病などの合併症の予防は非常に役立ちます。

5. pettrust NIBP の優れた臨床成績の理由
  • 確かな市場経験と臨床検証
    弊社の血圧監視技術は、10年以上にわたって人間の医療市場で人気があり、pettrust は、長年の実績と市場経験を経て誕生したブランドです。私たちは数々の臨床試験を通して製品の正確性と精度を向上させ、製品の品質を保証し、継続的な改善に努めています。患者に安全で信頼できる製品を提供し続ける会社である事を肝に銘じています。

    したがって、pettrustチームの努力により、製品のデザインや機能を獣医の方々により効率的に作業できるように設計し、ペットの世話もしやすくなりました。

  • サイクルモード
    これは自動サイクル測定モードです
    ユーザーは必要に応じてサイクル間隔(1分から2時間)を設定でき、pettrustは設定された時間や間隔に従って自動的に血圧測定を実行します。

    獣医が手術を行っているとき、pettrustは自動的に血圧パラメータ情報を獣医に提供できます。

  • 監視․アラーム
    血圧パラメータのアラーム値は各自で設定できます。設定されたパラメーター値が上限を超えた場合、pettrustは自動的にアラームを鳴らし、異常な状態であることを知らせ、すぐに対処できるようにします。
6. 臨床心臓パルス波形

pettrust研究チームは、独特な技術で動物の生体信号測定するシステムを開発しました。このシステムにより、獣医は信頼性の高い測定結果で判断する事ができ、より重要な生体情報を習得できます。

信頼性の高い図表の例

推奨できない図表の例

7. レーザー治療とは?

レーザー療法は、特定の波長の光を使用して身体の傷組織を照射する治療法です。 通常、赤または近赤外光を使用して炎症を軽減し、痛みを軽減します。

レーザー療法は1970年代からヨーロッパで使用されており、2005年に米国食品医薬品局(FDA)によって認定されました。

レーザー療法は、手術を必要としない、非侵襲的で、痛みのない、薬物を使用しない治療法です。 細胞とレーザーの相互作用により、体組織の代謝が促進され、細胞が刺激されてATPの生成が加速され、それにより体組織がより多くの栄養分を獲得し、自己修復ができます。

各レーザー治療中に、細胞はレーザーのエネルギーを吸収し、血液循環をより速くし、酸素と栄養素が損傷した組織領域により早く到達できるようにします。 これは、身体組織の良好な修復環境を作るだけでなく、血管を弛緩させ、炎症を軽減し、腫れを軽減し、筋肉の痙攣と硬直を改善し、筋骨格痛を緩和します。

8.ペットの医療を最良のものにするためには、いくつかのアドバイスがあります。

 

  1. 定期健康診断: ペットを定期的に動物病院に連れて行き、健康診断を受けるようにしましょう。これにより潜在的な健康問題を早期に発見し、適切な治療を提供できます。

  2. ワクチン接種: ペットが必要なすべてのワクチンを受けるよう確認し、一般的な感染症から守ります。これにより免疫系を健康な状態に維持できます。

  3. 適切な栄養: ペットの品種、年齢、体重、健康状態に合わせてバランスの取れた食事を提供してください。獣医に相談して、適切な栄養を確保しましょう。

  4. 適度な運動: 適切な運動は、ペットの体重と健康を維持するのに役立ちます。ペットの品種と活動レベルに基づいて、十分な運動の機会を提供してください。

  5. 寄生虫のコントロール: 定期的な寄生虫予防とコントロールを行い、ノミ、ダニ、ワームなどを管理してください。

  6. 歯の健康に注意: 歯の問題はペットの健康に影響を与える可能性があるため、歯磨きを定期的に行い、噛むおもちゃや歯の健康チェックも重要です。

  7. 行動の変化に注意: ペットの食欲、活動レベル、なめたりかむなどの異常な行動の変化に気を付けましょう。これは健康問題の兆候である可能性があります。

  8. 高品質な生活環境: 安全で快適かつ清潔な環境を提供し、疾病の予防とペットの心の健康をサポートします。

  9. 適切な治療: ペットが病気になった場合は、迅速に治療を受けることが重要です。病状が悪化する前に医療のサポートを求めましょう。

  10. ペット保険: ペット保険を購入することを検討し、急な医療費に備えましょう。

総じて、ペットに包括的な医療ケアを提供することは、予防策と適切な治療を含めて、彼らが健康で幸せな生活を送るのに役立ちます。

Do you want to know the health status of your pets ?